さまざまな言語を覚えられる

授業

日本は国際的な社会となってきているため、突然日本語以外を学ばなければいけない事態になることもあります。他国への転勤だったり外国人が引っ越してきたりなど、人によって異なるいろいろな事情があるでしょう。そこで困ってしまうのは、英語ではないほかの国の言語を学ばなければいけなくなったときです。英会話は書籍もたくさん販売されていますし、スクールも充実しているため、意欲さえあれば学ぶのは難しくありません。しかし、ほかの国の言語となると意欲があっても、学ぶ方法がないケースは多々あります。もしも、ほかの言語を必要なのに学べず困っているのなら、スピードラーニングの活用を考えましょう。スピードラーニングが英語だけに対応していたのは過去の話で、現在ならば、たくさんの国の言語を聞き流しで覚えられるようにしてくれています。10ヶ国語以上に対応しているため、まずはスピードラーニングの公式ホームページで確認してみましょう。トップページは英語の教材を紹介していますが、分かりやすいところにきちんと他言語の教材を紹介するページへのリンクが張ってあります。そちらには、音声のサンプルも置いてあるので、自分が学びたい言語がどのように学習できるのかハッキリと分かります。サンプルを聞いてみて、学習に役立ちそうだと思えたのなら、さっそく他言語版のスピードラーニングの契約をしてしまいましょう。

値段はまったく同じ

授業

英語の教材はいろいろな種類があることに加えて、それなりに安価な値段で売られていることが多いです。しかし、ほかの言語はそれなりの値段がするため、スピードラーニングも高いのではないかと考えるかもしれません。しかし、英語版と月額がまったく一緒なので、安価な値段で他言語を習得することができます。本当に同じなのか疑うのなら、英語版と他言語版のそれぞれのページに目を通して、価格をチェックしてみることをおすすめします。

デジタル版も用意されている

男女

スピードラーニングはCDとテキストで勉強するだけではなく、オンライン上で使えるデジタル版が用意されています。もちろん、英語版のように他言語版でもデジタル版が用意されているので安心しましょう。もしも、CDやテキストの実物が必要ないと考えるのなら、オンラインで学習したほうがずっと安い費用で済みます。もちろん、テキストの内容も見られるため、教材が届くタイプのスピードラーニングよりも勉強効果が劣るということは一切ありません。